2011年11月22日

トップリーグ第4節inレベルファイブスタジアム/11月20日(日)

地元福岡の2チームが揃って登場する第4節。
レベルファイブスタジアムで開催されました。
前日までの暖かさとは一転、冷え込むということで
しっかりカイロを貼って出かけました。

女性のためのラグビー講座が行なわれていて
ラガール20名が参加されていました。
女性限定としたのは、今回が初めてです。
講師は福岡県協会の草野さん。
まずはスタジアムの体育館でラグビー体験。
サポートにコカ・コーラウエストの選手も入り
実際にボールを触ったり、キックをしたりと
楽しそうな歓声が上がっていました。
スクラムやラインアウト体験はちょっとうらやましかった・・・

ラグビー体験
講義

体験の後は、ルールについての講義。
そして解説付きで観戦。
ラグビー観戦がより面白くなったのではないでしょうか。

J-SPORTSの解説は、小林深緑郎さんでした。
いつもにこやかな笑顔です。

小林深緑郎さん
放送席

広報委員も人材不足で、今日も写真撮影に入りました。
記録の入力スタッフを探しておかないと
仕事が回らない状況です。
そしてついに、ラグビーファンでパソコン操作に長けているという人材を
紹介してもらえました。
この日は、その宮城さんと中西さんが初参加。
受付業務から、記録の入力までそつなくこなしていただき
大変助かりました。
お2人も、貴重な体験ができて楽しかったと言われ、
また来てくださるとのことでした。
ありがとうございます。

マヌ・ノヌー
ブラッド・ソーン

注目は、やはりリコーのマア・ノヌー。
そして福岡サニックスのブラッド・ソーンと
オールブラックス2名に会えるということで、
多くのファンが訪れていました。
それでも、入場者数は3,000人。
隣の陸上競技場では、サッカーのなでしこリーグが行なわれ
澤さんの神戸レオネッサと福岡J・アンクラスの試合は入場者数は6,000人。
ラグビーも日本代表がワールドカップで優勝してくれていれば・・・

福岡リゾート&スポーツ専門学校のダンスカラフルボール日野理事長
スパーキーはやっぱり女子が好き何の密談やら。。コーラの選手サイン入りボール
レベスタのオブジェエスコートキッズカイトくん反省中
移動販売キックの体験スタッフ弁当

2011年01月24日

トップリーグチャレンジマッチ第2節/1月22日(土)

今シーズン最後のビッグゲーム。
晴れ間も見えて、先週のように寒い思いをせずに済みそうです。

トップリーグ昇格を賭けた試合とあって
各チームの応援団バスが次々に到着していました。
駐車場に向かう車で道路も大渋滞。
今シーズン一番(?)と思えるほどの賑わいです。
観客が多いと、スタッフのテンションも上がります。
今シーズン最後のビッグゲームでもあるので
バックヤードは和やかな空気が流れつつ
張り切って任務に取り掛かっていました。

ドコモテント満員のバックスタンド

日本ラグビー協会の北野さんは九州担当。
試合の度に東京から来られ、準備に運営にと大忙し。
お疲れ様でした。

▼伊藤さんを正座させ説教する北野さん
こらこらまた来シーズンよろしくお願いします
試合が終りやっとお弁当にありつけた北野さん▲

本日のボールボーイは筑紫台高校ラグビー部の皆さん。
スタンドに投げ込まれたボールやヘッドキャップを
一生懸命取りに行ってました。

筑紫台高校ラガーマンスタジアムでは紫が目立っていました

レフリーは、第1試合が塩崎さん、第2試合が真継さんでした。
この写真も恒例(?)ということで認知されてきました。

塩塚レフリー真継レフリー

ホームページに「キャノン」とチーム名を出していたら
「キヤノン」が正しいと指摘をいただきました。
「ヤ」の字は大きい字で、「ャ」ではありません。
でも読みは「キャノン」。
小さい「ャ」だと上に空間があり、
見た目に穴があいたような印象を受けるためだそうです。
「キユーピー」「シヤチハタ」「富士フイルム」も同様です。
なるほど、ためになりました。

人の波スタッフ弁当

2010年12月27日

ジャパンラグビートップリーグ第12節/12月25日(土)

年内最後のトップリーグ。
この冬一番の冷え込みとなった25日に
レベルファイブスタジアムで試合はありました。

焼ちくわに惹かれましたサニックステント

ヒートテックにダウンにカイロと手袋。
あらゆる防寒を施しましたが、寒くてたまりません。
スタジアムの受付ロビーは、ドアが開くたびに冷気が入ってきます。
昨年はストーブがあったのに・・・
と思っていたら、程なくストーブが用意されました。
(池田さん、ありがとうございます。)
観客の皆さんも、座布団やヒザ掛を持参されていました。

第1試合のトップチャレンジ2は、吹雪の中の試合となりました。
雪が舞う光景は、美しいのですが
半ソデ、短パンの選手たちはプレイ中、
どの程度寒さを感じるのでしょうか。

座布団とひざ掛け吹雪いてました

お正月も天気予報は雪マーク。
グローバルは雪でたどり着けるのかと、ちょっと心配です。

福岡リゾート&スポーツ専門学校のダンス。寒そうスタッフ弁当、来年もお願いします。

2010年12月22日

福岡県高校新人大会/12月23日(木・祝)

時間対戦会場
11:00西南学院高校柏陵高校浮羽究真館高校
12:15小倉工業高校八女工業高校
13:50門司学園高校光陵高校
11:00八幡高校香椎高校八幡高校
12:15中間高校糸島高校
13:50久留米高校小郡高校
14:45筑紫台高校福岡舞鶴高校
秋の大会が終ったと思ったら、もう新人戦が始まりました。

詳しくは、
福岡県ラグビー協会HPへ

23日は、10人制の順位決定戦も福工大城東高校にて、
10:30〜 行なわれます。
(組合せはわかりません。)

2010年12月13日

ジャパンラグビートップリーグ第10節/12月12日(日)

トップリーグ第10節、コカ・コーラvsヤマハの試合は
鳥栖市のベストアメニティスタジアムで開催されました。
鳥栖市は自宅から車で45分の距離。
スタジアの駐車場も広く、非常に利用しやすい施設です。

パワードライブリフトキャッチ

試合前に、スタジアムでは「はじめてのラグビーボール」が行なわれていました。
「リフトキャッチ」「パワードライブ」「「キックターゲット」「スーパーキャッチ」。
子どもたちはとても楽しそうに参加していました。
いつも思うのですが、これに女性限定の「お姫様抱っこ」を加えてくれると
参加者が殺到するのではと・・・

キックターゲットスーパーキャッチ

試合記録の入力は、佐賀県協会の矢次さんが担当してくださるとのことで
私はその補助をしていました。
お陰様で、3階の暖房が効いた記録室からじっくり試合を観ることができました。
でも、じっくり観ていたことで
失敗したペナルティゴールの時間をチェックしていなかったことが判明。
慌てましたが、スタンドの記者席にヤマハの長谷川さんが
記録を付けていらっしゃるのを発見。
スタンドへ走りお尋ねしたところ、快く教えてくださったので助かりました。
ありがとうございました。

ヤマハは佐賀工業高校出身の選手が多く在籍し
地元の応援も熱が入っていました。
一方、コカ・コーラも自動降格の危機が迫っていただけに
何とか勝利してほしいという気持ちでした。
ホーンが鳴った後の3分間の展開は、忘れられない試合となりました。

試合が終ってからお昼を食べるつもりでした。
本部に行って、お弁当が残っているかどうか心配そうな顔をしていると
中山理事長が「心配せんでも取っとーよ。」とお弁当を2つくださいました。
食いしん坊キャラが定着してしまった・・・

日本協会から送られてきた機材を、来週の大学選手権でも使用するので
福岡に持ち帰るよう頼まれました。
その中に担架が・・・
担架は意外と大きく、長さが2mはあります。
助手席のシートを倒して、何とかギリギリ収まりました。
メディカルキットも積んで、救急車になった気分で帰路につきました。

はじめてのラグビー参加者U20大会のサイン入ボール鳥栖工業高校の生徒さん
レフリーさん、まぶしすぎますチアリーディングヤマハ選手
試合後はレフリー研修会が行なわれていました担架で運ぶ練習スタッフ弁当

2010年12月06日

ジャパンラグビートップリーグ第9節/12月5日(日)

久し振りのトップリーグ。
同時開催の熊本は、横尾さんが記録担当で行っていただけることになり
グローバルを担当しました。

天気予報通りのぽかぽか陽気でしたが
記録室は日陰で、座っているとかなり冷えてきました。
「グローバルをなめてはいけない」と、
いつもグローバルの渡邊さんに言われているお陰で
ダウンジャケットを持参していて正解でした。

「第5回サニックスカップ小学生タグラグビー大会」が行なわれていました。
大会の最後は、優勝チームとサニックスチームのエキシビションマッチ。
時々、トップリーガーたちは大人のプレイをしていましたが
小学生チームの勝利で終りました。

エキシビションマッチエキシビションマッチ

この日のお楽しみは、恒例の宗像観光協会ご提供による玄海ふるまい鍋。
大鍋には海の幸が詰まったツミレがたくさん。
スープも魚の出しで取った本格的なもの。
桜えびも入っていて最高でした。
暑い日差しの中、汗をかきながらいただきました。

大鍋ふわふわのツミレ

トップリーグの試合開始前、会場では
先日亡くなられた九州協会 牛尾副会長へ黙祷を捧げました。
本部テントにいらっしゃらない現実を目の当たりにするのは辛いことです。
そして、いかに大きな存在だったのかということを実感しました。

グローバルアリーナの試合終了後は、子どもたちがグラウンドに入り
選手にサインをもらったり、ラグビーボールで遊んだりしています。
他の会場ではなかなか見られない光景で、ほのぼのしますね。

サインをおねだりコンバージョンの練習

任務が終わり、スタッフタグを返却するため本部テントに行きました。
丁度、返却タグをチェックしていた福岡県協会の松岡理事長が
「あと、返していないのはおばちゃんやね〜。」と言っているのに遭遇。
「ここにいるんですけど!」と言うと
「あわわわぁー」と慌てられました。
そりゃあ、おばちゃんと呼ばれてもおかしくないお年頃ですが!
「牛尾さんの毒舌を引き継ぐ人がいたね。」
と皆に認定されていました。

「今日のレフリー」は相田さんです。
セクシーショットをありがとうございました

ダンシングカイト光陵高校のマネージャーさんマイクを持って1曲
牛尾さんを影で支えますタグ大会トロフィーハーフタイムのダンスショー
タグ大会結果徳田レフリースタッフ弁当、豪華でした

2010年10月18日

ジャパンラグビートップリーグ第6節/10月16日(土)

第6節はグローバルアリーナへ。
都市高速から福岡ICを経由して九州自動車道で
グリーバルアリーナへ向かいました。
最近、高速道路の工事の影響で渋滞が頻発しています。
渋滞とは逆方向だったので、スムーズに行くことができました。
11時過ぎに到着しましたが、
会場周辺の渋滞も、まだ始まっていなかったので一安心。

到着してすぐ、パン屋さんへ行きラグビーパンを確認。
ラグビーの試合が開催される時の限定販売とあって
すぐに売り切れたようです。

ラグビーパンカエルくん

JR九州のSUGOCAキャラクターを発見。
名前は「カエルくん」。
フロッグ大学に通う20才の大学生、というプロフィールです。

J-Sportsの撮影も入っていました。
実況は矢野武アナウンサー。
お久し振りです。
他にも、NHKの取材カメラが入っていました。

矢野アナNHK

グローバルアリーナは、
チームの練習用グラウンドがスタジアムの前にあり
選手たちを身近に見ることができます。
ファンにとっては、うれしい環境ですね。

トヨタ自動車のアップ福岡サニックスのアップ

12時からの前座試合 JR九州vs山形屋 の撮影を担当。
協会オフィシャルカメラマンとして、赤いビブスを着用し
ピッチ内をウロウロしていました。

JR九州vs山形屋JR九州vs山形屋
JR九州vs山形屋JR九州vs山形屋

福岡サニックスvsトヨタ自動車戦では記録を担当するため
パソコンとプリンターを担いで、スタンドの最上部へ移動。
外はポカポカ陽気なのに、
記録席は屋根があり日が当たりません。
風が吹く抜けるので、座っていると寒くてたまりません。
急いで上着を取りに走りました。
やはりグローバルを甘く見てはいけません。

福岡サニックストヨタ自動車

それにしても、福岡サニックスの試合は面白い。
今回は残念ながら負けてしまい、
記録席の隣では藤井監督が頭を抱えていらっしゃいました。

頭を抱える藤井監督お疲れ気味の北野さん

試合が終わり、椅子が片付けられた本部テントでは
日本協会の北野さんが、立ったままお弁当を食べていらっしゃいました。
お疲れ様でした。

この日の反省点、記録入力で入替が1つ抜けていました。
これは連絡が入ってこなかったのでは?
そういう時のために、
できるだけ、ピッチを見てアップする選手を確認したり
双眼鏡でフィールドの選手の背番号を見ています
入力しながら全てを把握することは難しい・・・

池田事務所のキレイ処サニックステント山形屋のウォーターボーイズ
アップ中フラッグアトラクションのダンス
フラッグキッズチーム受付スタッフ弁当

2010年10月14日

グローバルアリーナご来場のお願い/10月16日(土)

10月16日(土)トップリーグ第6節は、道路の混雑が予想されます。
時間に余裕を持ってお越しください。

昨年も交通渋滞を引き起こし、
お客様がシャトルバスに乗車できない、
試合開始時間に入場が間に合わないという事態が発生しました。

今年は会場外にも臨時駐車場を準備していますが
数に限りがあります。
できるだけ、JR赤間駅南口からの無料シャトルバスを
ご利用ください。

現在4位と大躍進の福岡サニックスと3位のトヨタ自動車。
好カードの試合となりますので、大勢の皆様に観ていただけるよう
ご協力をお願いいたします。

詳しくは
九州ラグビー協会HPへ

2010年10月04日

ジャパンラグビートップリーグ第4節/10月3日(日)

第4節、本城陸上競技場での集合時間は朝の8:00?!
でも(幸い)所用があったため
10:30着を目指して本城へ向かいました。
黒崎ICを降りた頃には、土砂降りの雨。
ワイパーをフル回転しないと前方が見えず、道路も川と化していました。
会場に到着しても、車から降りることができません。
パソコンやプリンターを運ぶのにどうしよう・・・
と悩んでいたら、幸い駐車場の目の前にドラッグストアがあったので
特大ビニール袋を買い、パソコン&プリンターバックを包んで準備完了。
小雨になったスキに、競技場へ入りました。

湿度のせいか、暑いのか寒いのか良く判らない天候で
「暑いですね」や
「寒いですね」の挨拶が飛び交っていました。

雨の中傘を差して観戦ボールボーイも雨合羽着用

今回は広報委員として出席したのは
永野委員長と私の2名。
写真撮影は、普及育成の森内委員長にお願いしたところ
快く引き受けてくださり助かりました。
ありがとうございました!

鞘ケ谷RSvsつくしYR鞘ケ谷RSvsつくしYR

前座試合は
鞘ケ谷ラグビースクールvsつくしヤングラガーズ
地元の鞘ケ谷ラグビースクールが健闘していました。

鞘ケ谷RSvsつくしYR鞘ケ谷RSvsつくしYR

バックヤードにかわいらしい派手な集団を発見。
ダンスチーム スノードロップの皆さんでした。
6分間、ダンスをお披露目し会場を沸かせてくれました。

スノードロップ決めポーズパワフルなダンス

記録の準備のため、スタンドへ向かいました。
スタンド上部に、新しくブースが設けてあるじゃないですか。
これもギラヴァンツのお陰でしょうか。
昨年はテントだったので、これで風雨を避けることができる・・・
と思ったら、雨漏りで天井から水がポタポタ。
応急処置でビニールを貼り、なんとか凌げました。

フォトセッション

狭いブースに放送、記録、音響といったスタッフ総勢8名。
アドバイザーとして、レフリーの石本さんにも入っていただきました。
この日の試合は、シンビン2回とペナルティトライ2本と
今までに無い試合展開。
それでも、試合の内容について詳しく解説していただいたので
記録もスムーズに運ぶことができました。
隈部さんもより詳しくアナウンスができて
会場の皆さんも楽しんでいただけたのではないでしょうか。

試合時のアナウンスについては、いろいろな意見があります。
多分、ラグビーについて詳しい人にとっては、必要無いと感じるかもしれません。
しかしながら、ラグビーはとても複雑で分かりづらい競技です。
実際に競技に携わらない人は、ルールを把握することができません。
この私でさえ、高校時代はラグビー部マネージャー。
そして今は記録を担当していますが、
ルールについては、まだまだ分からないことだらけです。
レフリーさんや隈部さんの解説を横で聞きながら
やっと理解できるようになり、よりラグビーが面白くなってきました。
何のためにアナウンスをするのか。
それは、観客の皆さんにラグビーの面白さを知ってもらい
多くの人にラグビーファンとなってもらうためです。
たまに「?」といった内容があり、チームからクレームもありますが
これは正しい情報が放送室に伝わっていないためです。
運用を見直せば解決すること。
改善するために、関係者の皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

北九州市長ウォーターボーイサインを求められる菅藤選手
ウォーターボーイレフリーの平林さん、上半身は脱いでくれませんでしたボールボーイ
隈部さんと石本さんタイマーレフリーさん
つくしベンチ西南女学院大学のチアリーディングスタッフ弁当

2010年09月06日

ジャパンラグビートップリーグ開幕戦/9月4日(土)

いよいよ始まりましたトップリーグ。

今年も開幕戦の日に広報委員会会議を行うということで
14:00開始にもかかわらず、張り切り過ぎて
12:30にはレベルファイズスタジアム入りをしました。
九州協会、福岡県協会、佐賀県協会、熊本県協会、大分県協会、
宮崎県協会、鹿児島県協会、沖縄県協会の広報委員が勢揃い。
こうして顔を会わせることにより、
各県協会の協力体制がより強固なものとなったような気がします。

12月19日に沖縄県でトップリーグが初開催さるので
トップリーグの運用やノウハウを習得されるため
沖縄県協会の皆さんが視察に来られていました。
試合記録担当の方には、練習を兼ねて前座試合の入力をしていただきました。
まったく問題無く進められたので、安心です。
でもこれで沖縄に行く口実が無くなったか・・・

沖縄県協会の皆さん記録室

9月というのに、まだまだ残暑は厳しく
スタジアムには風も入ってきません。
「暑いですね〜」が挨拶。
記録室もエアコンが無く、扇風機が生ぬるい風を運ぶだけ。
沖縄県協会の方も、「福岡の方が暑い!」と言われていました。

この日は、福岡市体育協会主催で、「はじめてのラグビー観戦教室」が行なわれました。
先生は福岡県協会の草野さん。
とてもわかりやすい解説をされていたので、私も参加したかったです。

草野先生真剣に聞かれていました

開幕宣言は、今年度から理事長となった日野康英さん。
国歌斉唱は、2008年の開幕戦やオーストラリア戦でも登場された
山口聡(やまぐち さとし)さん。
試合は、開幕戦九州ダービーにふさわしい展開となりました。
パワーのコカ・コーラとスピードの福岡サニックス。
どちらも勝ってほしいけれど、福岡サニックスの劇的な逆転には感動しました。
今年のトップリーグは面白くなりそうです。
沖縄県協会の比嘉さんが、福岡サニックスの勝利が決まった瞬間
こっそり拍手をされていました。
沖縄県出身の濱里3兄弟と友利選手が出場していたからなのですね。

日野理事長山口さん

記録のサインをもらいにレフリー控え室へ。
お約束のレフリーさん写真を撮らせていただきました。
(というか、いつもこのタイミングに遭遇するのです。)

力入っていますレフリーのみなさん

誰もいなくなったスタンドを覗くと
理事や委員長自ら、ゴミ拾いをされていました。
協会の皆さんはこうしてラグビーを支えているのです。

城戸理事と高山委員長もみんな総出で後片付け

お弁当を食べるヒマもなく、一日が終ってしまいました。
疲れましたが、やはりラグビーシーズンはワクワクします。
久し振りにお会いした方に「ふっくらしましたね。」と言われたので
これからラグビー活動でやせ細るように頑張ります。

ところで、相手チームのヘッドギアを足で蹴っている選手がいましたが
そんなことをしてはダメですよ!!

暑そうと同情を集めていたボルタくんお祝いの花北野さんの後姿
コーラテント食べる余裕もありませんでした・・・サニックステント
サニックスFOR ALLコカ・コーラ
コーラ応援団九電工さんサニックス応援団

お弁当の写真を撮っていなかった・・・

2010年08月26日

ジャパンラグビートップリーグ2010-2011/記者会見

8月25日に、9月から開幕するジャパントップリーグのメディア説明会が
九州ラグビー協会事務局にて行なわれました。

はじめに、九州リーグの説明として
九州ラグビー協会社会人委員長の高山さんより
トップキュウシュウリーグについて説明がありました。

学生とクラブリーグについては
それぞれの委員長が欠席されたので
永野広報委員長が代理で解説されました。

そして、6月に女子委員会が設立されたことに伴い
元、女子日本代表の永田女子委員長より
女子ラグビーの概要説明がありました。
(女子ラグビーの内容については、後日あらためて掲載いたします。)

永田さんと稲垣部門長

続いて、トップリーグの説明会では
稲垣純一トップリーグ部門長より概要説明が行なわれました。
福岡サニックスブルースとコカ・コーラウエストレッドスパークスの
監督、主将も登壇され、コメントをいただきました。

トップリーグチーム

それぞれの内容をご紹介します。

●トップキュウシュウリーグ


トップリーグ昇格を賭けたトップチャレンジのシステムが変更。
昨年度まで、

三地域1位の3チームの総当りで、上位1・2位が自動昇格
3位がトップリーグ12位と入替戦
三地域2位の3チームの総当りで、1位がトップリーグ11位と入替戦

となっていたが、今季からは

トップチャレンジ2(三地域の2位)を実施し、3チームの総当りで1位が
トップチャレンジ1(三地域の1位)へ入り、4チームで総当り。
1・2位が自動昇格。
3位がトップリーグ12位と入替戦。
2位3チームの1がトップリーグ11位と入替戦。

となる。
これまで、三地域1位のチームが有利となっていたが
地域に関係なく、強いチームが残るシステムとなった。

これに伴い、トップキュウシュウAは、順位決定戦を行なっていたのを取り止め
リーグ戦の結果のみでトップチャレンジへの出場を決めることとなった。

そして、A・Bそれぞれ6チームだったのが7チームに。
Aに九州電力、Bに日本特殊陶業が参入。
鹿児島県勢が3チームに増えた。

新しい取組としては、
トップリーグの前座試合として4試合が有料試合となる。
こうすることにより、選手の意識も向上することが期待される。
トップリーグ開幕戦9月4日(土)には、前座試合として

九州電力vsJR九州が対戦する。

●九州学生リーグ

福岡大学を中心とした展開が予想される。
実力をつけてきた日本文理大学の活躍が期待できる。
鹿児島大学にはU20の代表選手が在籍。
西南学院大学に渕上コーチ(コカ・コーラ)が就任。


●九州トップクラブリーグ

A・Bリーグ合わせて12チームに増加。
沖縄県のコザクラブと福岡県のとうしろうクラブが初参戦。
帆柱クラブが4連覇中で
開幕戦ではAリーグに昇格した玄海タンガロアと対戦する。


●トップリーグ

ワールドカップを見据えて、
あらたな戦力の発掘のためにも、トップリーグも重要な位置づけとなる。

昇格チームは
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
豊田自動織機シャトルズ

リーグ戦は、9月3日〜1月10日
プレーオフトーナメントは、1月22日、23日、30日
ワイルドカードは、1月16日、22日、23日に開催。

開催地は1都1道2府25県の37開場。
全91試合、延べ68開場にてい開催。
発開催地は、富山県と沖縄県。

九州では計10開催日、13試合、6開催会場。
9月4日はレベルファイブスタジアムにて
コカ・コーラウエストレッドスパークスvs福岡サニックスブルース
の九州ダービー。

来場者サービスとして
握手会、スタンプラリー、各会場イベント等を行う。
お客様に楽しんでいただくため、
新しい取組を企画する予定。

新規実施事項は
外国籍選手3名の試合出場枠制限は廃止となり
特別枠の要件なしで同時出場3名可能となる。

【福岡サニックスブルース:藤井監督】
開幕でいきなり九州ダービーとなった。
昨年はケガ人が多かったが、今年は準備万端。
選手の士気も上がっている。
2チームで九州のラグビーを盛り上げたい。

【コカ・コーラウエストレッドスパークス:向井監督】
FWメンバーは充実しているが
BKにケガ人がいて心配。
九州からトップリーグの上位チームをつぶす勢いで臨み
混戦となるチームになりたい。

【福岡サニックスブルース:菅藤主将】
開幕戦をターゲットに仕上げてきたので、試合が待ちどおしい。
高いレベルで開幕戦を、盛り上げたい。

【コカ・コーラウエストレッドスパークス:三根主将】
開幕戦ではずみをつけ
目標としている日本選手権出場、そしてトップ4へ。

例年、この記者会見は日本ラグビー協会が主体となって開催されていましたが
今年からは、地域協会による運営となりました。
日程や参加者の調整、開場準備や資料、原稿等の段取りその他諸々。
永野委員長を中心に、各委員長や九州協会事務局の皆さんが一丸となって取り組み、
日本協会のバックアップのもと、滞りなく催すことができました。
福岡サニックス、コカ・コーラの皆様にもご協力いただき
たくさんの記者の方々が来てくださいました。
本当にありがとうございました。

徳田会長、日野理事長、永野委員長ちゃんとコーラを飲んでいます

今回は、登壇者へのオリエンテーションや
懇親会の司会という任務につきましたが
緊張してしまい、カミカミでした。

2010年08月09日

ジャパンラグビートップリーグ開幕戦(2010年9月4日)/エスコート・キッズ募集中!

毎回ご好評をいただいているエスコート・キッズ。
今年もトップリーグ戦で募集を行ないます。
選手と共にグラウンドで立てる晴れ舞台。
ご応募をお待ちしています!

対象試合9月4日(土) ジャパンラグビートップリーグ開幕戦
【19:00】 コカ・コーラウエストレッドスパークス vs  福岡サニックスブルース
  レベルファイブスタジアム (福岡)
募集人数エスコートキッズ 44名
フラッグ・キッズ 若干名
応募資格小学校3〜5年生
(チーム責任者又は父兄の引率が必要です。)
応募締切8月27日(金) 必着
応募多数の場合は、抽選となります。

詳しくは
九州ラグビー協会HPへ