2010年07月22日

2012年「ゴールデンオールディーズ世界大会」が福岡で開催されます

「19thゴールデンオールディーズ ワールドフェスティバル」
が、2012年に福岡市で開催されることが決まり
記者会見が7月22日(木)、グランドハイアット福岡にて行なわれました。

多くのテレビカメラが左より,牛尾福岡県副知事,吉田福岡市長,招致委員会 末吉委員長,ANZ/GOR世界事務局 キース・ロビンソン氏,ANZ/日本韓国地区支社長 エド・オーバリー氏,日本協会 森理事

この大会は、35歳以上の世界のラグビー愛好家が集まる大会です。
1979年から2年毎に北半球、南半球で実施されており
アジアでは初めての開催となります。
20カ国から4,000名が参加すると見込まれている大規模な大会。
経済効果はもとより、2019年のワールドカップに向けて
ラグビー人気と福岡市のアピールに、大きな試金石を投じることとなるでしょう。

写真撮影タイム溝畑観光庁長官

招致については、招致委員会の内山氏が数年前から動いており
11都市の候補地の中から、最後は
ラスベガス、デンバー、クリーブランド、福岡の4都市が残り争っていました。
福岡に決定した最大の決め手は
・福岡のラグビーに対する情熱の高さ
・海外からの客を迎える福岡の皆さんの熱いホスピタリティ
だったそうです。
ジュニアからトップリーグまで、ラグビーの盛んな福岡、
そして、ユニバーシアードや世界水泳、国際マラソンなどの開催実績などが
高く評価されました。

こんなにメディアの関心があるとは驚きですANZ

また、試合会場や宿泊施設、関連アクティビティの施設が充実し
運営面に優れていること、近隣の観光施設が多く
スポーツ観光コンベンションの地として最適であると判断されました。

記者会見には、多くのメディア、テレビカメラが参加してくださいました。
溝畑観光庁長官のビデオメッセージも流れ
とても活気のある内容でした。
2年後に向けて、これから忙しくなりそうです。
英会話を習いに行かなくては・・・

詳しくは
2012 エアニュージーランド
19thゴールデンオールディーズ・ ワールドラグビーフェスティバル福岡
公式ホームページ

ゴールデンオールディーズHPへ

大会シンボル日本語ロゴ



英語ロゴ