2015年05月08日

女子アジアラグビーチャンピオンシップ記者会見/4月21日(火)

5月9日(土)はレベルファイブスタジアムで
アジアラグビーチャンピオンシップ2015リポビタンDジャパンシリーズ
日本代表vs韓国代表(14時キックオフ)の試合が行われます。
そして
女子アジアラグビーチャンピオンシップ
女子日本代表vs女子カザフスタン代表(11時キックオフ)も併催されます。

この試合に先立ち、4月21日(火)に
九州ラグビー協会事務局で、
女子アジアラグビーチャンピオンシップの記者会見が行われました。

緊張気味の早紀ちゃん真剣なまなざしの早紀ちゃん

登壇したのは福岡出身の南 早紀選手です。
南選手は、筑紫高校の出身で現在は日本体育大学の2年生。
お兄さんの影響で3歳からラグビーを始め、
小学校から中学校までは柔道も並行していました。
柔道は福岡県のベスト8で強化選手という実力の持ち主。
筑紫高校ではラグビー部に所属していて
コンタクトに優れている選手です。
大学では相当走らされているようで
セブンズでも代表選手として活躍していました。
今回、15人制の日本代表ははじめてです。

対戦相手のカザフスタンに、女子日本代表6戦6敗中。
2013年のWCアジア予選決勝では23-25で敗れ
悔しい想いをしました。
南選手は「歴史を替える意気込みで挑みます。」と
力強く答えていました。

満面の笑みの早紀ちゃんカメラに囲まれた早紀ちゃん

そして、カザフスタン戦の試合メンバーに南選手は
福岡高校3年生の野田夢乃選手とともに登録されました!
彼女たちの活躍を期待したいものです。

男子の日本代表には、福岡にゆかりある
・平島久照(福岡大学-神戸製鋼)
・福岡堅樹(福岡高校-筑波大学)
・カーン・ヘスケス(宗像サニックス)
・藤田慶和(東福岡高校-早稲田大学 )
・五郎丸歩(佐賀工業高校 - 早稲田大学-ヤマハ)
選手たちも登録されました。

明日はレベスタへお越しください!

フライヤー

posted by green at 18:19| Comment(0) | ラグビー/レポート

2014年09月18日

九州学生リーグin春日公園球技場/9月13日(土)

家から近い春日公園球技場にて
九州学生リーグ2試合が行われたので
試合観戦に行ってきました。

▼九州共立大学vs日本文理大学
九州共立大学vs日本文理大学 九州共立大学vs日本文理大学

球技場の隣にある野球場で大会が行われていたため
公園の駐車場は一杯。
なんとか隙間に停めることができました。

▼福岡工業大学vs福岡大学
福岡工業大学vs福岡大学福岡工業大学vs福岡大学

日差しが暑く、装備も油断をしていたので
陽に焼けてしまいました。
バックスタンドの木陰は涼しそう。
炎天下のスタンドに座って2試合観戦するのは
とても大変なことだと、あらため感じました。
観客のみなさんにもっと感謝しなくては。

メインスタンドバックスタンド

いろんな方が観戦に来られていて
スタンドは、ラグビー業界の社交場と化していました。

余談ですが、春日公園球技場のおトイレは珍しい形をしています。
円形の部分に水が流れます。
床が汚れる心配が無いのでしょうね。

女子トイレ巨大カメムシ

posted by green at 17:45| Comment(0) | ラグビー/レポート

2014年07月31日

第30回福岡県中学校大会/7月26日(土)

7月26日(土)に、福岡県中学校大会の3位決定戦と決勝を観戦しました。
会場は舞鶴公園球技場。
いつもは正面のお堀から行ってたのですが
けやき通り側の南入口から行くと、とても近いことを発見。
茂みの小道なので、ヘビには遭遇しますが・・・。

自彊館中学校vs長丘中学校自彊館中学校vs長丘中学校

この日の福岡地方の最高気温は、今年最高の35.6度を記録。
午前中でも、木陰に座ってるだけで汗が出ます。
早朝の雨で、グラウンドが少し湿ってましたが
ものすごい砂埃でした。

長丘中学校表彰No Side

レフリーさんもこまめにウォーターブレークを指示されてました。
この暑さで走り回る選手たちの負荷は相当なものでしょう。

藤田監督と藤田選手藤田監督と藤田選手

3位決定戦は「自彊館中学校vs長丘中学校」
長丘中学校が勝利し、3位となりましたが
翌日に九州大会の第3代表をかけて、百道中学校と試合をします。
これは、中学校のチーム数が少ないため
各校にチャンスを与えるための策だそうです。
長丘中学校は先週も、土曜日に1回戦、日曜日に2回戦と
2週連続2日続けての試合を行いました。
そして、残念ながら九州大会の出場権は得られませんでした。
もう少し余裕のある日程が組めないのか
改善してほしいです。

次郎丸中学校vs城南中学校次郎丸中学校vs城南中学校

決勝戦は「次郎丸中学校vs城南中学校」
城南中学校が優勝しました。
8月3日から鯛生スポーツセンターで開催される九州大会には
城南中学校、次郎丸中学校、百道中学校が出場します。

城南中学校表彰次郎丸中学校表彰

連日試合が続いたチームや、
メンバーの半数が体調不良だったチームもありましたが
猛暑の中、熱い戦いを見せてくれました。

山田屋天津甘栗

帰りは公園入り口にある天津甘栗屋さん「山田屋」へ。
50年も続く老舗です。
工場直販なので、少しお安く購入できますし
何と毎月9日は半額!だそうです。

長岡中学校円陣青い空、白い雲
最大の敵は我に・・・自彊館中学校応援団
お城の石垣をバックに決勝戦レフリーさん
posted by green at 19:05| Comment(0) | ラグビー/レポート

2014年05月14日

サニックスワールドユース2014/5月5日(月)

毎年ゴールデンウェークのほとんどを
グローバルアリーナで過ごしていましたが
今年は、5月2日と5日の2日間しか行けませんでした。

5日の最終日、朝から順位決定戦が行われました。
会場には、同じ宗像市内で合宿中の日本代表藤田選手も訪れ
恩師とダブル藤田のツーショット。

藤田監督と藤田選手照り焼きバーガー

昼食は、グローバル名物の照り焼きバーガー。
バンズとバーグは炭火で焼いているので
とても香ばしく美味でした。

レフリージャージがピンクなので、
ピンクレフリーさんばかりが目につきます。

ピンクレフリーピンクレフリーズ

決勝戦は、ニュージーランドのハミルトン ボーイズハイスクールと
南アフリカのパール ボーイズハイスクールの対戦。
キックオフ前のハカでも、両チームの気迫がぶつかり合い
最後まで目が離せない白熱した試合でした。

ハカNZLvsRSA

優勝したのはハミルトン ボーイズハイスクール。
勝利のハカも披露しました。

優勝したNZL勝利のハカ

今まで使っていたカメラが壊れたので
この日は新しく買ったカメラで撮影しました。
SonyサーバーショットDSC-HX400V
光学ズーム倍率が50倍、
全画素超解像倍率だと、画質は落ちますが100倍ズーム!
移動しなくても、遠近どちらも撮れるので楽です。
望遠レンズを付け替える必要もなく
見た目も素人っぽくないので
WEB用ならこれで充分です。

デジタルスチールカメラ標準倍率
▲標準倍率
50倍率
▲50倍
100倍率
▲100倍

連写スピードも、秒間最大10コマ。
これでベストショットも逃しません。

でも、処理速度に時間がかかるので
次のシーンを撮り逃してしまうのが欠点です。

これが、Wi-Fi機能付きなので
タブレットに転送でき、すぐにFacebookにもUPできます。
ラグビー関係者のみなさん、
隠し撮りしてすぐにUPするので、ご注意ください!

慶応義塾vsAUS筑紫vs大阪桐蔭
KORvsCAN東福岡vsURY
東海大仰星vsFRAハーフタイムショー
ハーフタイムショー
バグパイプバンドRSA
ボールボーイNZLvsRSA
表彰副賞の米俵と特産品
レフリーさんこれもレフリーさん

●J-sports放送予定
サニックスワールドユース2014はJ-sportsで放送されます。
日程時間 
5月26日(月)16:00〜17:00Jsports1
5月27日(火)11:00〜12:00Jsports2
5月28日(水)0:00〜1:00Jsports2
11:00〜12:00Jsports4
5月29日(木)6:00〜7:00Jsports4
5月30日(金)21:00〜22:00Jsports1
5月31日(土)23:00〜0:00Jsports1
17:00〜18:00Jsports2
6月1日(日)8:00〜9:00Jsports1(スカパー無料放送日)
6月2日(月)14:30〜15:30Jsports1
posted by green at 15:08| Comment(0) | ラグビー/レポート

2013年09月24日

トップキュウシュウリーグin春日公園球技場/9月14日(土)

9月14日(土)、鹿児島銀行vs中国電力の試合。
通常、ホームグラウンドで試合は行なわれますが
鹿児島県と広島県だと、車での所要時間は7時間。
移動だけでも大変です。
そこで、中間地点として福岡県春日市にある春日公園球技場で行なわれました。

鹿児島銀行vs中国電力
鹿児島銀行vs中国電力
鹿児島銀行vs中国電力
鹿児島銀行vs中国電力
鹿児島銀行vs中国電力
鹿児島銀行vs中国電力

90分前に会場に行くと、既に両チームはアップに入っていました。
70分前よりプレマッチミーティング。
参加者は、マッチコミッショナー、レフリー、監督、マネージャーです。
第3アシスタントレフリーは、チームから選出されます。
役割の確認と、レフリーさんからの注意点、
メンバー表、スタッフエントリーシートの提出が行なわれます。

プレマッチミーティング
レフリーさん

試合記録は、記録入力担当と記録補助の2名体制で行なっていました。
入力担当者は、記入をするので試合を常に見ることができません。
記録補助者が、試合状況を把握し、
第3アシスタントレフリーやチームに確認をします。
また、トライ確認者の人員まで確保できませんので
不明な時は、チームへ聞きに走っていました。

記録デスク
マッチコミッショナー

マッチコミッショナーは、報告書を作成しますので
ペナルティの数や得点、入替の時間を記録担当者と申し合わせます。
試合終了後は、記録用紙に空白箇所が無いか、
得点の小計と合計が正しいか
勝点が正しく記載されているかを確認し、サインをします。

トップキュウシュウリーグでは
入替・交替の記録ミスを無くすため、今回より
「選手交替入替申請用紙」を採用しました。

チームは、交替・入替を専用用紙に記入し
第3アシスタントレフリーに提出をします。
第3アシスタントレフリーは、交替・入替時間を記入し
記録担当者へ用紙を渡します。

これで取りこぼしや間違いが起こりません。
用紙は、九州協会HPの「申請書ダウンロード」よりダウンロードできます。
他の試合でもご利用ください。

九州ラグビー協会HP/申請書ダウンロード

交替・入替を専用用紙
試合速報入力中

試合が終ると、当番チームの担当者は
携帯電話やスマホで「試合速報」サイトに結果を入力し
ホームページに速報結果を掲載します。

そして、記録用紙は報道機関に送ります。
これをFAXで送る場合、報道機関の送り先が10件以上にもなるので
時間とコストがかかってしまい、結構面倒な作業となってしまいます。
今まで、報道機関から事務局や広報委員長に催促の問合せが来て
当番チームの主務と連絡がつかず
新聞社の締め切りに間に合わなかったこともしばしばありました。
そこで今年度より、スマホのアプリを利用した配信を導入しました。

アプリはいろいろありますが
例えば、Androidなら写真をPDFに変換するアプリ「Cam Scanner」(フリー版)を利用すると
(iPhoneは「JotNot Scanner」というアプリ)
(1)記録用紙を撮影する。
(2)歪みを補正する。
(3)白黒モードに変換する。
(4)PDF形式で保存する。
(5)メールに添付して送信する。
という工程で済みます。
メールの送信先も、グループメールを用意したので
1つのアドレスに送るだけで、関係各所へ配信されるようになりました。

記録用紙を撮影
PDFとして取り込む

試合会場からでも、手軽に配信できますので
報道機関からの催促も、ほとんど無くなりました。

時々、不鮮明な写真(JPEG)形式のまま送られることもありますが
その場合は、再送をいただいています。

そんなこんなで、試合運営がスムーズにできるよう、
今後も改善を図っていきたいと思います。

posted by green at 18:25| Comment(2) | ラグビー/レポート

2013年05月01日

サニックスワールドユース2013/4月28日(日)

サニックスワールドユース2013/4月28日(日)

先週の寒さは何だったんだ!
と言うくらい、晴天で穏やかなラグビー日和となりました。

バグパイプバンド
スボーランが気になりました

グローバルアリーナに着くと、
遠くからバグパイプの音色が聞こえてきました。
今年もジョージ・ワトソンズ・カレッジのバグパイプバンドが来日。
彼らが腰のあたりに着けている丸いポシェット?
のようなものが気になってましたが
調べて見ると、「スボーラン」という
ポケット代わりに貴重品等を入れておくものだそうです。
また、座ったときにキルト(スカートとは言わない)が
めくれないように押さえる役割もあるとのこと。

選手入場
森会長のあいさつ

バグパイプのオープニングアクトで
開会式が始まりました。
選手入場、来賓挨拶と紹介、選手宣誓が続きます。

来賓紹介
選手宣誓

開会式の後は、引き続きスタジアムで
セント・ジョセフス・ナッジー・カレッジ(オーストラリア)
vs東福岡高等学校(福岡)のオープニング試合。

AUSvs東福岡
NZLvs茗渓学園

第2試合からは、3つのグラウンドに分かれて
試合が行なわれました。

KORvs國學院久我山
RSAvs御所実業
ENGvs常翔学園
RUSvs東海大仰星

ニュージーランドのセント・ケンティガン・カレッジの試合前
ハカを見ようと人が集まってきました。
しかし、ハカはありませんでした。
この学校は、スコットランド系の学校で
元々ハカを行う習慣は無いそうです。
ニュージーランドの学校は
全てハカをするものと思い込んでいましたが違うのですね。

CANvs長崎南山
FRAvs佐賀工業

南アフリカのダニエル・ピナール テクニカル ハイスクールは
いつもトラのぬいぐるみを持ち歩いています。
チームマスコットだとか。
記念撮影をするときも
「Tiger!」「Roar!」と叫んでました。

福岡県高校東西対抗戦
福岡県高校東西対抗戦

今年は、女子7人制のエキシビションも同時開催。
関東選抜、近畿選抜、石見智翠館、福岡レディースの
4チームが戦いました。

女子7人制
女子7人制

毎年、グルメテントレポートを恒例としています。
昨年はカレーを食べたので
海鮮バーガーを買ってみましたが
昨年も海鮮バーガーはいただいていました。
宗像市のイベントには、ほとんど出店されているそうなので
見かけたら是非、ご賞味ください。

玄海バーガー200円
ソースがたっぷり

本部テントの脇に、場内の移動用の電動三輪車が置かれてました。
福岡県うきは市の「筑水キャニコム」という農機具メーカーより
お借りしたそうですが、ネーミングが「三輪駆動静香」。
これは1家に1台ほしいですね。
この「筑水キャニコム」の製品は、ネーミングが全てオヤジギャグ風。
かなりウケました。

筑水キャニコムHPへ
電動三輪車
三輪駆動静香

バチさばきの練習上田さん発見レフリーさんミーティング
ボールボーイは東福岡高校のみなさんトライ女子レフリーさん
大久保さんも大活躍布巻家のお犬様メインスタンド
城戸先生の入浴・・ではなくお食事シーン東福岡応援団レフリーさん
記念撮影選手宣誓今年も司会を
ダンディーなフランス人春ですね地元の農産物販売
なんかできてるフリマスタッフ弁当
posted by green at 23:59| Comment(0) | ラグビー/レポート

2013年04月25日

「HSBCアジア五カ国対抗2013」日本代表vsフィリピン代表/4月20日(土)

1年ぶりのアジア5ネーションズ。
この日はカメラ担当。
4月だからと油断していたら、午前中から雨が降り出し
気持ちがブルーになってしまいました。

会場には10時集合。
レベルファイブスタジアムに着いたときは、
既に準備が進められ、緊張感が漂っていました。
国際試合となると、セキュリティレベルも高く
警備員さんにADカードをはっきり見せないと
中に入れてくれません。

福岡県高校東西対抗戦
福岡県高校東西対抗戦

前座試合は、福岡県高校東西対抗戦。
福岡県内の高校生、9校から42名が集まり
東西に分かれて試合を行いました。

福岡県高校東西対抗戦
福岡県高校東西対抗戦

12時半に日本代表が到着。
選手たちがバスから降りてくる中
エディ・ジョーンズHCは最後に登場。
入り口から真直ぐピッチに向かい
グラウンドに出て芝の状態を確認されていました。

日本代表到着
日本代表到着

日本代表のウォーミングアップが始まりました。
ピッチサイドで間近で見学ができるイベントも行なわれていました。

見学会
SAKURA募金

スタジアムエントランスでは、
日本代表による「SAKURA基金」の募金活動が行なわれていました。
「SAKURA基金」は、昨シーズン、日本代表選手たちが自ら発案した社会貢献活動で、
今回は、選手たちの寄付とあわせて、東日本大震災や原発事故で被災した
子どもたちへの支援活動の資金とするために取り組んでいます。

風が無いのが救いでしたが、雨は冷たく外はとても寒い。
7枚重ね着してカイロも貼りました。
でも手がかじかんで、ブレブレの写真ばかり。

オフィシャルカメラマンで赤いビブス。
日本代表戦は、日本ラグビー協会からも2名の
カメラマンが来られていて
撮影する位置取りなど、アドバイスをいただきました。
国際試合は、撮影エリアが厳しく制限されてますが
国歌斉唱の時は、「赤ビブスはピッチに入ってもいいよ。」と教えていただき
エスコートキッズの写真も沢山撮ることができました。

フラッグキッズ
エスコートキッズ

国歌斉唱は、筑紫台高校吹奏楽部の皆さんによる生演奏。
日本代表は、合宿中に国歌斉唱の練習もされていたそうで
いつも以上に君が代が心に沁みました。

筑紫台高校吹奏楽部
小川知事

キックオフ前に、福岡県の小川知事が登場。
ボールデリバリーとして、
雨の中、ボールをレフリーさんに運ばれました。

レフリーは、香港協会のデューイ・ロウランズさん
アシスタントは同じく香港協会の
ウォーレン・ニーハムさん、ガブリエル・リーさんでした。

レフリーさん
中村学園女子高校バトントワリング部

前半、ほとんどのカメラマンは日本のゴール側に陣取っていましたが
フィリピン側の写真も撮らなきゃと
一人フィリピンのゴール側で撮影をしていました。

ハーフタイムでは、中村学園女子高校バトントワリング部の皆さんが
寒いにもかかわらず、華麗な舞をお披露目されました。

後半9分、観客席から歓声が沸きました。
怪我をした小野澤選手に替わって、地元福岡出身の福岡選手が登場。
そう言えば、昨年は藤田選手と
毎年地元の新人選手がデビューを果たしてくれています。
2019年のワールドカップも、この世代の選手たちが
活躍してくれるのでしょうね。

記者会見室は満席。
さすが、国際試合です。

記者会見室
稲垣さん

記者会見の最後に
エディ・ジョーンズHCが
「稲垣さんが来ると雨になるので、次回からは遠慮してほしい」
と言われ大爆笑。
日本ラグビー協会の雨男、稲垣純一氏は苦笑いされてました。

16区のお菓子は売れてましたフィリピン代表到着東西対抗戦
東西対抗戦IRBNO SIDE
前座試合のレフリーさんメッセージ福岡選手
エディ・ジョーンズHC出待ちで握手とサイン攻め裏方くん
ウォーミングアップ五郎丸選手スタッフ弁当
posted by green at 18:55| Comment(1) | ラグビー/レポート

2013年04月18日

福岡市役所表敬訪問/4月18日(木)

4月20日の「HSBCアジア五カ国対抗2013」
日本代表vsフィリピン代表戦開催にあたり
エディ・ジョーンズヘッドコーチと廣瀬キャプテンが
福岡市の貞苅副市長を表敬訪問をされました。

左から貞苅副市長、エディ・ジョーンズHC、中澤ジュリアさん、廣瀬選手
日本協会広報渡邊さん、九州協会徳田会長、九州協会城戸理事長

エディ・ジョーンズHCは
福岡の合宿はとても良く、食べ物も美味しいと評価し
土曜日の試合では長所を生かしたエキサイティングな試合を
福岡の皆さんにお見せしたいと
意気込みを語られました。

貞苅副市長はアイスホッケー選手だったそうで
格闘系のスポーツが大変お好きだそうです。
ラグビーもテレビ観戦をされるそうで
「ドライビングモールでは自分も力が入る」と言われていました。
また、福岡市の教育委員会では
森重隆氏も就任されていて
いつも根性がある教育論をされている、
また、中竹竜二氏も福岡市で講演されている、
と、福岡市とラグビーの関わりのが深いことを
話されていました。

廣瀬選手は、とても良い環境で合宿をしていることをアピールされていましたが
グローバルアリーナは宗像市なので、ちょっと微妙でした。

ジャージを着てエディさんに「Perfect!」と言われました
東筑高校ラグビー部出身です

そして、記念品贈呈では
廣瀬選手から日本代表ジャージを渡されました。
貞苅副市長は早速着て
とても喜んでいただけたようです。
退室される時も、着られたままで
「今日はずっとこれを着ていようか。」とおっしゃってました。
最後に、福岡市職員で東筑高校ラグビー部出身の方と2ショット。

続いて、記者会見室に移動し
登録メンバーの発表がありました。

テレビはTNCが入りました
記者会見室

九州にゆかりのある選手は
小野 晃征/サントリー(元福岡サニックス)
五郎丸 歩/ヤマハ(福岡市出身-佐賀工業高校)
福岡 堅樹/筑波大学(福岡高校)
平島 久照/神戸製鋼(熊本西高校-福岡大学)
中村 亮土/帝京大学(鹿児島実業高校)

中澤さんの通訳はすばらしい
廣瀬選手をも脅かす福岡選手だそうです

やはり話題の中心は福岡選手でした。
昨日の福岡サニックスとの練習試合でも
俊足を生かしたプレーで、活躍していたそうです。

20日の試合がますます楽しみになってきました。

詳しくは
「HSBCアジア五カ国対抗2013」第1戦 試合登録メンバーへ

posted by green at 19:11| Comment(0) | ラグビー/レポート

2013年04月16日

第51回 木元杯全九州7人制大会/4月14日(日)

木元杯全九州7人制大会。
4月14日の決勝トーナメントに行ってきまました。
年度始めのこの大会が始まると、また1年頑張ろうと思ってしまいます。

フィールドA・B
人工芝アピール

会場のグローバルアリーナは
今年の3月からフィールドA・Bが人工芝になりました。
強風が吹いていましたが、人工芝の上はポカポカして暖かく
寒く感じません。
気持ちの良いラグビー観戦日和でした。

試合
試合
試合
試合

グラウンドのテントに、グリーンのジャンパーを来た軍団が。
長崎県ラグビー協会の皆さんです。
2014年は長崎県で国体が行なわれるということで
リハーサルを兼ねて、運営の応援に来られていました。
今年から、国体のラグビー成年男子は7人制になります。
目まぐるしい試合展開とあって
運営側も慣れておかないといけません。
長崎県の皆さんはすばらしい統率力を発揮され
お陰様で、スムーズに大会を進めることができました。

長崎県協会のみなさん
テント撤収

とにかく、すごい強風で
テントも吹き飛びそうになりました。
危なそうなので、急遽テントを撤収。
慌てて、日焼け止めを塗りなおしました。

試合
試合
試合
試合

午前中、スタジアムで日本代表のFW練習があるということで覗いてみました。
スタンドには、多くの見学者がいらしていて
学生さんは間近に見れる選手たちを目の前にして
「ヤベー、ヤベー」と興奮していました。

スタンドから指導
ラインアウト

再び7人制のフィールドに戻ると、
女子のエキシビションマッチが行なわれていました。
女子選手数も確実に増えているし
更に貫禄が出てきてます。
レフリーはお馴染みの大久保晴世さん。

女子エキシビション
女子エキシビション
大久保さんも走る
アシスタントも絵になる

午後2時からは、日本代表によるラグビークリニックが開催されました。
スクールの中学生150名が集まりました。
はじめに、畠山選手の挨拶。
後方ではマキが入ってました。

ラグビークリニック
マキ入りました

ボールを持って、日本代表選手と駆け回る姿は楽しそう。
思わず、飛び入り参加したくなりました。
エディ・ジョーンズHCも、子どもたちと一緒にボールを持って走られてました。
プレーを褒められた子はとてもうれしそう。
こういう体験をすると、更にラグビーが好きになってくれるでしょう。

ラグビークリニック
ラグビークリニック
ラグビークリニック
ラグビークリニック

全員で記念撮影

昼過ぎまでは晴天でしたが
だんだん雲が立ち込めてきて
決勝戦残り2試合の時点で、遠くから雷の音がしてきました。
稲妻が光ったので、グラウンドから全員撤収。
協議の結果、試合中止となりました。
A・Bパートはそれぞれ2チーム優勝。
Aパートの勝者は全国大会に出場ですが
抽選の結果、玄海タンガロアが出場権を獲得しました。

試合中止宣言
レフリーさんもお疲れさまでした

その後、雨が降り出しあっと言う間に痛いくらいの土砂降りに。
カメラだけは濡れないよう、急いで車に戻りましたが
足元は水浸し。
暖房を目一杯上げて、乾かしながら帰路につきました。

試合
試合
試合
試合
試合
試合
posted by green at 17:59| Comment(0) | ラグビー/レポート

2012年12月30日

九州トップコーチ会議/12月8日

九州の強化コーチやトップチームコーチを対象とした
九州トップコーチ会議が12月8日に行なわれました。
当初、会場は九州ラグビー協会事務局の会議室が予定されていましたが
急遽、福岡大学に変更。
それもそのはず、
エディ・ジョーンズ日本代表ヘッドコーチ(以下HC)
による講和があるということで
予想以上の参加申込があったそうです。

村上コーチ委員長の挨拶 お疲れな渡邊さん

九州各県から総勢50名の
強化コーチ、トップチーム(トップキュウシュウリーグA、九州学生リーグI部、
九州トップクラブリーグA)の監督、コーチが集まりました。
まずはじめに、エディHCによる「日本代表の強化」について
お話がありました。
エディHCはスクリーンを前に
立ったままで、身振り手振りを交え
パワフルにお話をされました。
エディHCの話は実に明快。
全てにおいて明確に言い切ることができるので
言葉に重みや信頼性、信憑性がこもっています。
質疑にも、丁寧に答えられていました。

エディHC 白熱教室

その傍らには、通訳の中澤ジュリアさんの姿がありました。
エディHCの話を、絶妙なタイミングで通訳されます。
ラグビーの専門用語や人名をよどみ無く
分かり易い日本語に翻訳されるのには感心させられました。
以前はトヨタ自動車で通訳をされていたそうですが
相当、ラグビーのことを勉強されているのが伺えます。
とても控えめで、凛としてやさしそうなお人柄がにじみ出ていました。
ラグビー界のマドンナと言われているのにも頷けます。

中澤ジュリアさん データ分析はわかりやすいです

エディHCのお話は1時間半以上に及び
参加者たちの高揚感が伝わってきました。

ダンディー岩下先生 ワークショップ
ワークショップワークショップ

その後は、ワークショップでテーマは
「試験的実施ルールの検証」について。
10のグループに分かれてそれぞれ話し合い、発表します。
・一番近くから来た人が司会
・一番若い人が模造紙に記入。
・一番遠くから来た人が発表。
とユニークな役割分担をされていました。
これは使わせていただきます。

ワークショップ ワークショップ
ワークショップワークショップ

全てのグループが発表することはできませんでしたが
試験的ルールの再認識もでき
とても有意義のある講習会でした。

ワークショップ ワークショップ
ワークショップワークショップ
posted by green at 23:59| Comment(0) | ラグビー/レポート

2012年12月15日

トップリーグ第9節inグローバルアリーナ/12月2日(日)

「ウインドウ・マンス」を終え
1カ月半ぶりのトップリーグ。
うきうき気分で、グローバルに向かいました。
なぜなら、この時期毎年恒例の
宗像観光協会による「玄海天然印ふるまい鍋」が実施されるから。
寒いラグビー観戦の中、
身も心も温まる美味しい企画です。
今回は、味噌仕立ての「トウヘイ鍋」。
「トウヘイ」とはクロアナゴのことで
体長1メートル以上にもなる魚。
見た目と違って、大変おいしゅうございました。

トウヘイ汁
巨大クロアナゴ

前座試合は、
「第7回サニックスカップ小学生タグラグビー大会」と
「第9回むなかたキッズセブンラグビー大会」。
サニックスカップで優勝した「芝刈BLACKファルコン」には
サニックスオリジナルボールと
地元鐘崎産ブリを進呈されました。
やはり日本海側族なので、マグロではなくブリ派ですね。

芝刈BLACKファルコンの選手
ブリ進呈

来場者にも、ハーフタイムに抽選で5名様にブリが当たる抽選会があり
地元鐘崎産のイリコも、無料で配布していました。

ブリ抽選会
いりこ配布

この日の任務は記録担当。
グローバルアリーナの記録席は
風通しが良く、とても寒いのです。
万全の準備のお陰で、何とか乗り切ることができました。

あらっ、ほとんど食べ物の話・・・

タグラグビー表彰式レフリーは谷口さん森内普及育成委員長
いいにおいが漂っていましたシェイクハンズサイン攻め
参加賞をもらいましたエスコートキッズリハーサルスタッフ弁当
posted by green at 12:00| Comment(4) | ラグビー/レポート

2012年11月14日

福岡県高校大会:決勝/11月10日(土)

福岡県高校大会の決勝戦は
全国大会より面白い名勝負だと言われています。

東福岡高校vs筑紫高校
東福岡高校vs筑紫高校

今年もまた東福岡高校が優勝し
筑紫高校は惜敗しました。
13年連続、23回目の優勝。
全国大会でも3連覇。

東福岡高校vs筑紫高校
東福岡高校vs筑紫高校

福岡県の高校は、東福岡高校という壁を越えなければ
花園に行くことはできません。
そして、ここまで強いチームは
どうしてもヒール役になってしまいます。
でも、東福岡高校が日本一になってくれるからこそ
福岡県の高校は全国レベルで戦えるという
力と自信がつくのではないかと思えます。
そんな強豪ひしめく高校生の試合を
毎年見れる福岡のラグビーファンは幸せ者です。

東福岡高校
筑紫高校

この日の入場者数は6,000人。
人口比から見ても
高校生決勝の大会で、
これだけの人が集まるのは福岡だけではないかと
記者の方も言われていました。

バックスタンド側
応援も力入ってます

全国大会は、大正時代に同志社中学が5連覇、
戦後は啓光学園が4連覇という記録を持っています。
東福岡高校も記録更新を目指して頑張ってください!

レフリーは日中さん、前田さん、小山さん
高体連の貫禄あるみなさん

全国高校大会歴代優勝校
posted by green at 16:05| Comment(0) | ラグビー/レポート

2012年11月08日

福岡県高校大会:準決勝/11月4日(日)

会場が春日公園球技場なので
自転車で行こうかと迷いましたが
天気予報では午後から雨。
車で行くことにし、早目に会場に向かいました。
キックオフ1時間前にもかかわらず
駐車場は既に満杯。
休日は駐車可能な路上に駐車することができました。

▼福岡高校vs筑紫高校
福岡高校vs筑紫高校
福岡高校vs筑紫高校
福岡高校vs筑紫高校
福岡高校vs筑紫高校

勝敗に関係無く、観客を熱狂させる試合を観せてくれてありがとう。
と選手たちに伝えたいです。

▼小倉高校vs東福岡高校
小倉高校vs東福岡高校
小倉高校vs東福岡高校
小倉高校vs東福岡高校
小倉高校vs東福岡高校

そうは言っても、負けたチームは悔し涙を流し
マネージャーさんはトイレで泣きじゃくり
何と言葉をかけていいのか分かりません。

3位表彰 福岡高校
3位表彰 小倉高校

11月10日(土)はレベルファイブスタジアムで
東福岡高校vs筑紫高校の決勝戦です。

福岡高校応援団日中さん、麻生さん、小山さん筑紫高校のボールボーイ
福岡高校のボールボーイノーサイド小倉高校応援団
福岡高校監督石井さん、前田さん、野口さん小倉高校監督
ノーサイド満員御礼上田さんも来られてました。
posted by green at 23:00| Comment(2) | ラグビー/レポート

2012年11月06日

2012ゴールデンオールディーズフェスティバル/10月29日(月)

大会中の試合は
海の中道海浜公園、雁の巣レクリエーションセンター、
さわやかスポーツ広場の3会場で行なわれ
アフターマッチファンクションは
ホテル ザ・ルイガンズ。
近い距離とはいえ、車が無いと移動は困難。
各会場へはシャトルバスが運行されました。

スリランカ代表
キックオフ!

この日の注目試合、
スリランカ-日本国交友好60周年記念として
スリランカ元代表 vs Japan Legends の対戦が
海の中道海浜公園で行なわれました。
スリランカは、アジアの中で日本に次いで2番目にラグビーの競技人口が多い国。
日本から指導者を派遣したりと、ラグビーを通じた交流も盛んです。

スリランカvs日本
助っ人も参加

キックオフのホイッスルは森会長。
交流試合とはいえ、Japan Legends は本気モードでした。
あらためてJapan Legendsのメンバーを見ると
有名選手ばかり。
ファンにはたまりませんね。
斉藤祐也選手の奥様(岩崎恭子さん)もいらしていました。

記念撮影

海の中道海浜公園では、広い芝生の上に4面のグラウンドが設置され
レベルに分かれて、各チームがプレーしていました。

コーラで乾杯
一列スクラム

コカ・コーラチームは、まずコーラで乾杯。
相手のオーストラリアのチームも、キックオフ後
いきなりお酒を振舞いはじめました。
これも作戦?
噂には聞いていましたが、1列のスクラム、
本気を出すとレッドカードなど
笑を取る試合を魅せてくれました。

ガチでやってます
赤パンツは60歳代

アフターマッチファンクションの会場では
地元自治会の皆さんの協力で
着物の着付けや茶道を体験されていました。

着物を喜んでいただけました
ファンクション会場

大会期間中、中洲や博多駅周辺で
体格の良い外国人がたくさんウロウロしていたとの
目撃談も聞こえてきました。

貫禄あり
黄色は70歳代

この大会は、大会開催費用を参加者が参加費として負担し、
勝敗ではなく、懇親会などの親善行事として行なわれる
一大スポーツ観光コンベンションです。
3,000人も集まり、宿泊や飲食、買い物、観光等
間接的な経済効果は10億円といわれています。

紫は80歳代、触れてはダメ!
現役さながらの活躍

その一方で、競技運営やレフリーは、
福岡県ラグビー協会の皆さんがボランティアとして担当。
平日にラグビーをできるなんて夢のよう、
と言われていましたが、無理して仕事を休んで来られた方ばかり。
周りの理解と日頃の行いが無いと
できるものではありません。
直接・間接的に支えてくださる人も大勢いてこそ
成り立った大会です。

顔見知りの現役を引退したラガーマンたちが
楽しそうにプレーする姿がとても新鮮でした。

帽子もOK東北チームのみなさんオールとラリアから
まだまだいけてます青い空かなり走りこんでました
すごい威圧感セクシーウォーターバード立派なおひげでした
ハグコスモスが満開間違いなくオールとラリアから
はちまきで気合アフターマッチファンクションは楽しそう皆さんお元気
posted by green at 18:27| Comment(0) | ラグビー/レポート

2012年10月31日

2012ゴールデンオールディーズフェスティバル・開会式/10月28日(日)

いよいよゴールデンオールディーズの開幕です。
世界10カ国から2,400人もの参加が福岡に集結しました。

15時からの開会式を前に
福岡市役所の広場には
大勢の参加者が集まってきました。
ハタから見ると、体格のいい外人さんたちが仮装をしているという
謎の集会に映ったようで、いろんな方から
「これは何のイベントですか?」と尋ねられました。

ハデハデです
ダンディな集団

どんたく祭のように、いろんなスタイルで参加されていました。
中でも一番濃かったのは、福岡の迷惑クラブの皆さん。
ここまでやってくれるとは・・感動です。

よくできました賞
「お帰りなさいませ旦那様」といわれました

開会式には、日本ラグビー協会 森会長をはじめ
実行委員長、県知事、市長という顔がならび
この大会のすごさをあらためて実感しました。

選手宣誓は迷惑クラブ会長さん。
絶妙な間合いで、会場の笑を取っていました。

開会式
選手宣誓

福岡市消防局のマーチングバンドと
フラッグガールは、福岡レディースの皆さんで
華を添えてくれました。

福岡市消防局のマーチングバンド
福岡レディース

クック諸島からも参加です
クロコダイル

開会式が終わると、パーティー会場の舞鶴公園までパレードです。
さすがに、2000人規模のパレードは壮観です。
明治通りを封鎖して約1時間練り歩きました。

末吉実行委員会長と森会長
沿道のみなさんも大喜び

西南学院大学のチアリーダーや、精華女子のマーチングバンドも参加し
とても盛大な行列となりました。

精華女子のマーチングバンド
西南学院大学のチアリーダー

沿道のみなさんも、外国選手たちに「Welcome to Fukuoka!」と言って
手を振ってくださり歓迎ムード一杯。
お祭気分でとにかく楽しいイベントでした。

三味線
太鼓

やっと舞鶴公園に着いたと思ったら
更に公園の奥へ行列が続きます。
途中、通路沿いに三味線のお囃子や太鼓演奏などの舞台を設置し
日本情緒でおもてなしがありました。

お花見気分
お酒もおいしいですね

会場は、桜の木の下で野外パーティー。
お弁当だけでなく
焼き鳥やBBQ、ホットドックなどの屋台が並び
ホテルオークラの美味しいお食事を堪能できました。

ぜんざい屋台
一番人気のBBQ

3日間、試合が開催されます。
オールとラリアからUSAですNZランドから
大惑クラブのみなさんバイキングFBI
九電さんビンテージ・レッド大会旗授与
コカ・コーラウエストさんドラゴンスイマー
アイルランドからですスーパーマンクック諸島
何やらかんやらこれはNZダチョウクラブか
立派なおひげこちらもバイキングハーイ
岩手から参加です県知事も英語でスピーチ市長も負けじと英語でスピーチ
声援ありがとう福岡レディースでーす舞鶴公園は結構しんどかった
着物のお姉さんは人気者お琴と尺八演奏お弁当食べてます
ラグビー協会の重鎮レジェンドチームも参加ステキな衣装
posted by green at 23:22| Comment(0) | ラグビー/レポート

2012年10月24日

福岡県高校大会:4回戦/10月21日(日)

ベスト16が出揃った4回戦。
試合会場である筑紫高校に行ってきました。
午前中は急用が入ってしまいましたが
何とか第2試合から観ることができました。

▼新宮高校vs福岡工業高校
新宮高校vs福岡工業高校
新宮高校vs福岡工業高校

▼東筑高校vs九国大付属高校
東筑高校vs九国大付属高校
東筑高校vs九国大付属高校

▼柏陵高校vs福岡高校
柏陵高校vs福岡高校
柏陵高校vs福岡高校

秋晴れの、半袖でもいいくらいの日差しで
帽子をかぶって来なかったことを後悔していたら
筑紫高校の西村先生から
「どうぞ日陰に座ってください。」と
本部テントの中の椅子とお茶を勧めていただきました。
恐縮しつつも、遠慮なく日陰に移動し
最後まで試合を観ることができました。
お気遣い、感謝いたします。

高校3年生にとっては最後の大会。
どのチームも悔いの無い、一生懸命さが伝わる試合でした。

テントからの風景1テントからの風景2テントからの風景3
テントからの風景4テントからの風景5テントからの風景6
テントからの風景7テントからの風景8テントからの風景9
posted by green at 09:14| Comment(2) | ラグビー/レポート

2012年08月30日

トップリーグ九州地区概要説明会/8月29日(水)

8月29日(水)、博多駅近くのホテルにて
メディア向けのトップリーグ九州地区概要説明会が開催されました。
司会は、九州ラグビー協会 永野広報委員長です。

説明会の様子
司会の永野委員長

まずはじめに、九州ラグビー協会徳田会長より
挨拶がありました。
その中で、前日まで沖縄で行なわれた国体九州ブロック大会の内容に触れ
台風でスケジュールが狂った中
多くの沖縄県ラグビー協会の皆さんが
交通機関が復旧していないのに、早朝より集まっていただき
1時間でグラウンドを整備し、期日内に試合を完了できたことを報告。
沖縄県ラグビー協会や関係者の皆さんへ
感謝の意を述べられました。

他に、九州の今シーズンの話題として

九州電力の3期ぶりの昇格喜ばしいことと、
コカ・コーラウエストの降格という残念な結果が起こってしまったこと。
福岡サニックスは、全国のラグビーファンが注目する試合運びで
開幕戦では、福岡サニックスと九州電力のオールブラックスロック同士の
直接対決が観れるかもしれないことが、楽しみである。
(監督のコメントによると、実現する可能性は「大」のようです!)
また、今年も沖縄で福岡サニックスが試合を行うので
沖縄のファンも楽しみにしている。
高校では、東福岡の連覇。
大学選手権の制度が変わったが、
九州の大学も上を目指し、チャレンジするため強化していること。
大学等に女子チームが増えてきた明るい話題が増えた。

などを紹介され、九州ラグビー協会としても、
こうした取組を十分にバックアップしていく意向を示しました。
今シーズンも、九州では高校、大学、トップリーグと白熱した試合が期待できるので
メディアも注目し、報道してほしいとアピールしました。

徳田会長
稲垣事業委員長

続いて、日本ラブビー協会 稲垣事業委員長より
トップリーグの概要が紹介されました。

10年目を迎えたトップリーグは、日本ラグビーの新たな開幕となる。
ワールドカップでは、期待に添えなかったが
日本代表はエディ・ジョーンズ氏を迎え、新らたな指導に取り組んでいる。
大学選手権は制度を変え、強化を目指す。
福岡では、ゴールデンオールディーズという
世界中のラグビーおじさん2000名が集まるお祭も開催される。
そういった中で、トップリーグ10年目を迎えた。
トップリーグには、3つの役割がある。
 ・強くする:日本のラグビーを強化する。
 ・広める:ラグビーやファンを広める
 ・役に立つ:社会貢献活動を行う。
福岡サニックスほど、チームカラーが多くのファンに浸透しているチームは他に無い。
9月の残暑は、ランニングラグビーを得意とする福岡サニックスにとって
大きな味方になるのではないか。
九州電力は、3年ぶりの復帰となる。
昨年度のチャレンジマッチは、
多くのラグビーファンの心を打つ試合だった。
あのような試合をまた繰り広げてほしい。
2013年から16チームになり
コカ・コーラウエストも必ず帰ってきてくれると信じている。

左から、南トップリーグ事業部門長、永下主将、藤井監督、平田監督、斉藤副主将、徳田会長、日野理事長

そして、日本ラブビー協会  南トップリーグ事業部門長が
今年度の詳細を説明しました。

今年で10年目を迎えたトップリーグ。
まずこの9年を振り返ると
2003年より12チームでスタート、現在は14チーム、
延べ22チームが参加した。
総入場者数は、270万人。
総開催都道府県数は39都道府県となり
65会場で開催された。

2007年にはトップリーグ部門がスタートし
トップリーグにふさわしい運営体制・組織作りを行なってきた。
また、運営規程を統一し、ガイドライン作成や
様々な制度・システムを導入し
プレスカンファレンスやチャリティーマッチなどの
公式行事を実施した。

来年度より、14チームから16チームに増加する。
そのため、今年度は
・自動降格チームは無し。
・トップチャレンジシリーズ1の上位2チームは自動昇格
・トップリーグ14位vsトップチャレンジ1の3位
  トップリーグ13位vsトップチャレンジ1の4位  の入替戦
となる。
今年度については

昇格チーム
 ・九州電力(3年振り)
 ・キヤノン(初)

スケジュール
 ・8月31日第1節〜10月27日第8節
 ・10月28日〜11月30日 テストマッチ(ウィンドウマンス)
 ・12月1日第9節〜1月6日第13節
 ・1月 ワイルドカードトーナメント
     プレーオフトーナメント(セミファイナル・ファイナル)
 ・3月 チャリティマッチ

開催都道府県
 ・31都道府県(過去最多の開催都道府県数)
 ・36競技場 91試合
 ・九州:福岡・佐賀・熊本・鹿児島・沖縄 6会場 12試合

外国選手出場枠
 ・変更前:3名→変更後:2名
  ※アジア枠選手1名を除く。
  ※試合へのエントリー人数は制限しない。

世界的試験実施ルールを採用
 ・ラック発生後、ボールを流す状態になったら、5秒以内に出す
 ・スクラムの4段階を3段階にする 等

注目の海外代表選手
 ・アイザイア・トエアバ(キヤノン)ニュージーランド
 ・アレサナ・ツイランギ(NTTコミュニケーションズ)サモア
 ・ジェローム・カノイ(トヨタ自動車)ニュージーランド
 ・ソニービル・ウィリアムズ(パナソニック)ニュージーランド
 ・ワイナンド・オリフィエ(リコー)南アフリカ

注目の国内若手選手
 ・田村優(NEC)
 ・橋本大輝(神戸製鋼)
 ・ヘンドリック・ツイ(パナソニック)
 ・五郎丸歩(ヤマハ発動機)

今シーズン達成されそうな記録
 ・通算試合100試合達成 14名(昨年度8名)
   古賀龍二(福岡サニックス)あと2試合
 ・通算試合1000点
   ニコラス・ライアン(サントリー)あと106点
 ・通算トライ100トライ
   小野澤宏時(サントリー)あと9トライ

年間観客動員数目標
 40万人

来場者促進
 ・企画チケット、Shake Hands(握手会)
 ・スタンプラリー、各開催会場イベント
 ・女性観戦無料「ラガールデー」
   第6節10月14日(日)グローバルアリーナ

社会貢献
 ・「TRY FOR GREEN」の実施
   1トライ募金、来場者募金を北海道網走市の植林活動に寄付
 ・未来のトップリーガーへ
   高校生以上のチームに公式試合使用球をプレゼント
 ・東日本大震災復興支援
   Shake Hands募金、1点10円募金、チャリティーマッチ開催

永下主将、藤井監督
平田監督、斉藤副主将

最後に、チームの監督と主将(副主将)が
今シーズンに向けての抱負を語りました。

福岡サニックス 藤井雄一郎監督
  夏合宿を宮崎で行い、暑い中走り回った。
  怪我も無く、やり残しは無い。
  早く試合をしたいと選手から伝わってくる。
  波に乗って、いいシーズンにしたい。

九州電力 平田輝志監督
  3期ぶりのトップリーグで、選手たちのモチベーションも高い。
  自分にとっては、初めてのトップリーグだが
  初戦に福岡サニックスと戦えるのは感慨深い。
  選手を取り巻く、スタッフ、家族、職場、地域の皆様が応援してくれた。
  そういう方々へ、恩返しをするためにも
  13試合を戦い抜きたい。

福岡サニックス 永下安武主将
  今年はしっかりと、1試合1試合を戦い
  自分たちの目指すラグビーをやっていきたい。

九州電力 斉藤玄樹副主将
  3期ぶりの参戦で、3年前にいた選手と今回初の選手は
  楽しみに日々の練習に取り組んでいる。
  ラグビーができる喜び、応援してくれている方々への感謝の気持ちで
  13試合戦って行きたい。

フォトセッション
握手

その後、フォトセッションとなり撮影タイム。
そして、九州ラグビー協会 日野理事長によりる乾杯のご発声で
ウーロン茶片手に、懇親会を行いました。

ウーロン茶で乾杯
話がつきません

今年は、テレビカメラも5社入り
多くの新聞、雑誌の記者の方々が来てくださいました。
説明会の模様は、当日夕方のローカルニュースで流れ
今週末のスポーツニュースでも、放送される予定です。

会場は大入り満員
カメラがひしめきました

いよいよラグビーシーズン突入。
わくわくしてきました。
皆さん、会場でお会いしましょう!

posted by green at 18:21| Comment(2) | ラグビー/レポート

2012年08月24日

2012ゴールデンオールディーズワールド大会/「JAPAN LEGENDS」福岡市長表敬訪問

8月24日(金)、2012ゴールデンオールディーズワールド大会の
「JAPAN LEGENDS」メンバーが
福岡市高島市長を表敬訪問しました。
メンバーは
元木由記雄(神戸製鋼)、小口耕平(リコー)、中村直人(サントリー)
増保輝則(神戸製鋼)、田沼広之(リコー)、赤塚隆(クボタ)
冨岡鉄平(東芝)、吉田英之(リコー)、斎藤裕也(元/豊田自動織機)
淵上宗志(コカ・コーラウエスト)
の10名。
市長は応接室に入って来るなり、
「さすがに皆さん大きいですね!」と圧倒されていました。

元木さん、小口さん、中村さん、増保さん
冨岡さん、吉田さん、斉藤さん、淵上さん

ゴールデンオールディーズワールド大会は
キャッチフレーズが
「飲んで、笑って、戦って」とあるように
スポーツを通して各国の広い世代と交流をし
楽しむためのコンベンションです。

大会実行委員会、コカ・コーラウエスト、福岡県ラグビー協会の末吉紀雄会長
ラグビーボール贈呈

10月28日(日)の開会式では
各国の参加者が、思い思いのコスチュームで
福岡市内をパレードします。

また大会期間中は、懇親会だけでなく
参加者の観光も企画され
海外の方々に、福岡市だけでなく
九州各地を楽しんでもらえる内容となっています。

街を巻き込んでのスポーツ祭典。
お祭好きな福岡人にとっては、楽しみな大会です。

記念写真

会見の後、選手と市長は別室で
福岡市のPRプロモーション撮影に入りました。
選手の体格で、位置取りがころころ変わりましたが
最終的にはこの配置で落着きました。

ユニフォームがピチピチ
バッチリ決まりました

高島市長は元アナウンサーだけあって
しゃべりもポーズもスムーズに。
数回のテイクで決めることができました。

明日、8月25日(土)はさわやか広場にて
大畑大介(神戸製鋼)、久保晃一(ヤマハ)、難波英樹(トヨタ)
辻 高志(NEC)、塚越 賢(東芝)
の選手たちも合流して、練習試合を行います。

大会当日には、26名の元日本代表メンバーが揃います。
posted by green at 18:05| Comment(0) | ラグビー/レポート

2012年06月18日

全九州高校大会in湯布院・2回戦/6月17日(日)

梅雨に入り、福岡では16日の春季大学リーグが
雷のため順延となりました。
全九州高校大会も、16日の1回戦は
長靴が無いと、とてもグラウンドに入れなかったそうです。
ポンチョと長靴を用意し、準備万端で湯布院に行きましたが
到着した頃には、青空が見えるほど
お天気が良くなっていました。

この日は、1位ブロック、2位ブロックとも地元大分の高校が出場とあって
多くのギャラリーが詰め掛けていました。
もちろん、他県からも多くの方が応援にいらしていました。

▼2位ブロック/筑紫高校vs長崎北高校

筑紫高校vs長崎北高校
筑紫高校vs長崎北高校
筑紫高校vs長崎北高校
筑紫高校vs長崎北高校

▼1位ブロック/東福岡高校vs長崎南山高校
東福岡高校vs長崎南山高校
東福岡高校vs長崎南山高校
東福岡高校vs長崎南山高校
東福岡高校vs長崎南山高校

▼2位ブロック/鹿児島工業高校vs大分雄城台高校
鹿児島工業高校vs大分雄城台高校
鹿児島工業高校vs大分雄城台高校
鹿児島工業高校vs大分雄城台高校
鹿児島工業高校vs大分雄城台高校

▼1位ブロック/大分舞鶴高校vs鹿児島実業高校
大分舞鶴高校vs鹿児島実業高校
大分舞鶴高校vs鹿児島実業高校
大分舞鶴高校vs鹿児島実業高校
大分舞鶴高校vs鹿児島実業高校

朝早くから家を出て
午前中に4試合を観戦し
湯布院インター前の道の駅だけに寄って
温泉に見向きもせず、そのまま帰りました。
これでいいのだ。


6月19日(火)の決勝戦は、台風4号が九州に接近しているため
試合時間が変更となりました。

【1位ブロック決勝】
東福岡高校vs大分舞鶴高校 10:00キックオフ A:人工芝(駐車場側)
【2位ブロック決勝】
筑紫高校vs鹿児島工業高校 10:00キックオフ B:人工芝(奥側)

※試合が中止となった場合は、順延は無く「1位・2位ブロック」共に、両校優勝となります。
※試合開催については、6月19日(火)午前7時に最終決定します。

posted by green at 19:34| Comment(0) | ラグビー/レポート

2012年06月05日

福岡県高校大会・3位決定戦・決勝戦/6月3日(日)

絶好のラグビー日和。
多くの方が来られるだろうと思い
会場には自転車で向かいました。
案の定、駐車場は一杯で、3,500人収容のメインスタンドも満席でした。

満員のスタンド
応援団

準決勝と同様、熱い戦いが繰り広げられました。
▼3位決定戦/小倉高校vs福岡高校
小倉高校vs福岡高校
小倉高校vs福岡高校
小倉高校vs福岡高校 <br>
小倉高校vs福岡高校 <br>

▼決勝/東福岡高校vs筑紫高校
東福岡高校vs筑紫高校
東福岡高校vs筑紫高校
東福岡高校vs筑紫高校
東福岡高校vs筑紫高校

優勝・準優勝の2チームは
6月15日(金)より大分湯布院スポーツセンターで開催される
第65回全九州高校大会の出場権を得ます。

小倉高校
3位:福岡高校
準優勝:筑紫高校
優勝:東福岡高校
posted by green at 19:02| Comment(0) | ラグビー/レポート