2013年09月24日

トップキュウシュウリーグin春日公園球技場/9月14日(土)

9月14日(土)、鹿児島銀行vs中国電力の試合。
通常、ホームグラウンドで試合は行なわれますが
鹿児島県と広島県だと、車での所要時間は7時間。
移動だけでも大変です。
そこで、中間地点として福岡県春日市にある春日公園球技場で行なわれました。

鹿児島銀行vs中国電力
鹿児島銀行vs中国電力
鹿児島銀行vs中国電力
鹿児島銀行vs中国電力
鹿児島銀行vs中国電力
鹿児島銀行vs中国電力

90分前に会場に行くと、既に両チームはアップに入っていました。
70分前よりプレマッチミーティング。
参加者は、マッチコミッショナー、レフリー、監督、マネージャーです。
第3アシスタントレフリーは、チームから選出されます。
役割の確認と、レフリーさんからの注意点、
メンバー表、スタッフエントリーシートの提出が行なわれます。

プレマッチミーティング
レフリーさん

試合記録は、記録入力担当と記録補助の2名体制で行なっていました。
入力担当者は、記入をするので試合を常に見ることができません。
記録補助者が、試合状況を把握し、
第3アシスタントレフリーやチームに確認をします。
また、トライ確認者の人員まで確保できませんので
不明な時は、チームへ聞きに走っていました。

記録デスク
マッチコミッショナー

マッチコミッショナーは、報告書を作成しますので
ペナルティの数や得点、入替の時間を記録担当者と申し合わせます。
試合終了後は、記録用紙に空白箇所が無いか、
得点の小計と合計が正しいか
勝点が正しく記載されているかを確認し、サインをします。

トップキュウシュウリーグでは
入替・交替の記録ミスを無くすため、今回より
「選手交替入替申請用紙」を採用しました。

チームは、交替・入替を専用用紙に記入し
第3アシスタントレフリーに提出をします。
第3アシスタントレフリーは、交替・入替時間を記入し
記録担当者へ用紙を渡します。

これで取りこぼしや間違いが起こりません。
用紙は、九州協会HPの「申請書ダウンロード」よりダウンロードできます。
他の試合でもご利用ください。

九州ラグビー協会HP/申請書ダウンロード

交替・入替を専用用紙
試合速報入力中

試合が終ると、当番チームの担当者は
携帯電話やスマホで「試合速報」サイトに結果を入力し
ホームページに速報結果を掲載します。

そして、記録用紙は報道機関に送ります。
これをFAXで送る場合、報道機関の送り先が10件以上にもなるので
時間とコストがかかってしまい、結構面倒な作業となってしまいます。
今まで、報道機関から事務局や広報委員長に催促の問合せが来て
当番チームの主務と連絡がつかず
新聞社の締め切りに間に合わなかったこともしばしばありました。
そこで今年度より、スマホのアプリを利用した配信を導入しました。

アプリはいろいろありますが
例えば、Androidなら写真をPDFに変換するアプリ「Cam Scanner」(フリー版)を利用すると
(iPhoneは「JotNot Scanner」というアプリ)
(1)記録用紙を撮影する。
(2)歪みを補正する。
(3)白黒モードに変換する。
(4)PDF形式で保存する。
(5)メールに添付して送信する。
という工程で済みます。
メールの送信先も、グループメールを用意したので
1つのアドレスに送るだけで、関係各所へ配信されるようになりました。

記録用紙を撮影
PDFとして取り込む

試合会場からでも、手軽に配信できますので
報道機関からの催促も、ほとんど無くなりました。

時々、不鮮明な写真(JPEG)形式のまま送られることもありますが
その場合は、再送をいただいています。

そんなこんなで、試合運営がスムーズにできるよう、
今後も改善を図っていきたいと思います。

posted by green at 18:25| Comment(2) | ラグビー/レポート
この記事へのコメント
いつも速報ページを楽しみにしております。
色々と大変かと思われますが,今後もよろしくお願いいたします。
Posted by 元鹿児島人の広島人 at 2013年09月25日 09:19
いつも御利用いただき、ありがとうございます。
小さなことからコツコツとしかできませんが
よろしくお願いいたします。
Posted by Green at 2013年09月25日 12:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: